Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーのとある町で~軍事政権の国の巻

»カテゴリ: ミャンマー

20050108180036.jpg

ヤンゴンの街角で(2004年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 ミャンマーは軍事政権の国である。1988年の民主化運動を弾圧して以来、国際社会との折り合いが悪く、経済制裁を受けている。グローバリゼーションから取り残されたようなところがある。コカコーラもATMもビザカードもない。ヤフーやホットメールなど大手のインターネットメールは、アクセスできないようになっている。反政府運動を恐れる政府が禁止しているのだ。
 旅行にも制限が多い。ビルマ族が主に住む平野部を除き、外国人の立ち入りがあらかた禁止されている。山岳地帯は政府の支配が十分に及ばず、反政府ゲリラが活動しているのだ。外国人が立ち入ると身の安全が確保できないとして、とられた措置である。
 ただ、気ままに旅をする上では、不便は多いが、政治的な圧迫を感じることは皆無に等しかった。イランでは、タクシーの運転手から、ホテルの従業員から、町で会う人から、何度も何度も政府批判を聞かされた。この国ではだいぶ様子が違う。むしろ、にこやかで穏やかな物腰の人々を見るにつれ、庶民はたくましく生きているな、と感じていた。
 そんななか、とある町で反政府活動をしている初老の男性に出会った。流暢な英語を操り、ユーモア交えて、いかにミャンマー政府が過酷な弾圧をしているかを語った。彼の親族には、官憲に身柄拘束され、行方不明になった人が何人もいると言う。身の丈に合わない軍事費が教育や医療をおろそかにしている、乳児死亡率が異常に高い、学校に行かない子どもが多い、昔は物乞いをする子どもなんていなかった、と嘆く。
「君ね、この国はいま原子力開発なんかに手を出しているんだぞ。ロシア人がピンウールィンに大勢やって来ていて、ミャンマー軍に原子力技術を教えているんだ」
 ピンウールィンで僕が見た技術学校を挙げると、「そうだよ、あそこだよ」と言って老人は身を乗り出した。「核兵器に手を出したりしたら、大事じゃ済まなくなる。学生を3000人殺しても平気な連中だからな」
 老人は3時間余りぶっ続けで話した。その老人は過去10年間、外国人の旅人と会うたびに同じ話をしているのだと言う。素通りしただけのミャンマーを見て、わかった気にならないでくれよ、との悲痛な叫びに聞こえた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/95-d78086d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。