Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボティサ~CNNの向こう側の巻

»カテゴリ: セルビア・モンテネグロ

20050104215749.jpg

紅葉の町サボティサ(2003年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 ハンガリーの平野を南に進んだ大学町セゲットの郊外でバスは国境を越えた。

НОРГОШ
ул 02XI03
202

 入国スタンプにキリル文字が残った。НОРГОШは国境地点の名称だろう。となると、улが国名の略称なのか。ガイドブックによるとこの国はユーゴスラビア。ただ、近々セルビア・モンテネグロに改名される予定だともある。改名された前なのか後なのか、わからないまま入国することになった。
 小一時間走って雨降るサボティサに到着。バスターミナルそばの国営ホテルに部屋を確保して、町に出た。楓の落葉が広場を彩る落ち着いた風情である。楽団が演奏する店で飯をくう。コーヒーを飲み干すと底にカスが残った。トルコ式コーヒーだ。流れる音楽もどことなく中東風。少しずつトルコに近づいている。
 観光案内所で上品な英語を話す中年女性が地図をくれた。国名の件を尋ねると、「しばらく前に」改名済だとのこと。日曜日なのに営業しているのは助かると言ったら、やっと最近観光客が戻ってきたので、市もがんばっているという話だった。なにしろこの国、つい最近まで血なまぐさい内戦を繰り返し、民族間虐殺などで悪名高いのだ。
「ちょうどお産を控えていたときに、内戦が始まってねえ。主人は職を失うし、町中に戦車は走るし、どうしようかって思ったわよ。それでモスクワへ行ったの。そこで仕事をみつけて。ようやく国が落ち着いたと思って、帰ってきたら、今度はアメリカが攻撃してきたでしょう」
 わずか4年前に米軍機による空襲があったという。
「飛行機も来たし、トマホークもピユーって音をたててね。電気も水も止まるし、怖かったわよ。病院にも命中したんだから」
 淡々と話す彼女にあっけにとられていると、「そんなに驚くことでもないでしょう」と彼女にたしなめられた。「CNNの画面の向こう側にも人が住んでいるのよ」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/37-ee162c3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。