Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン~真っ白な地図の巻

»カテゴリ: ドイツ

20050104212712.jpg

東ドイツの国民車トラバント(2003年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 1989年は僕にとって印象深い年だ。年明けとともに昭和が終わり、6月に天安門事件があり、11月にはベルリンの壁が崩れて、冷戦が終わった。個人的には、高校を卒業して大学に入った年でもある。89年を境に世界も自分も様変わりしたと思うことがある。
 ベルリンに来た。壁を見ると何かがわかるかもしれない、そんな気がした。かつての西ベルリンに宿を取った。観光案内所で興味深い地図を見つけた。壁が敷かれていた道筋が詳しく書いてある。最初の数日間は西ベルリンだけを歩こうと決めた。そうすれば後から東ベルリンを訪れたときに東西の差がよりよく分かるかと考えたからだ。
 ところが実際にやってみると、なかなか難しい。うっかり越境してしまうのだ。敷石で示された壁跡を追うが、区境に沿って敷かれていたベルリンの壁は、勝手気ままにビルの角を回り込み、歩道を横切る。大きな交差点を渡ったところで壁跡を見失ってしまった。
 数日後、チェックポイントチャーリーから東ベルリンに入った。冷戦時代に西ベルリンを訪れた観光客が一日越境パスをもらって壁を越えた検問所だ。東ベルリン一の目抜き通りで曲がって、ひょろりと伸びるテレビ塔に向かって歩く。やがて僕らはアレキサンダープラッツ駅に着いた。高架橋をくぐって駅前広場に出ると、視界が開けた。滑走路のように幅広い駅前通りは、道の中央部が駐車場になっている。カール・マルクス大通りという。
 この近辺に宿を移すつもりだ。安宿のチラシを頼りにかけた電話に出たのは英語がほとんどできない女性。なんとか住所を聞き出き、探し当てたのは高層アパートの一室だった。玄関口に立った白髪の太った女性にチラシを見せたら、チラシをしまえというようなことを言い、「シークレット、シークレット」とささやく。近所の人に隠れて営業しているようだ。部屋がきれいで値段も手ごろなので翌日チェックインすることにした。
 こうして東ベルリンに部屋を確保して、散策すると、まるで別の街に来た気分になる。高層アパートと人気のない大通りばかりの街。閑散とした大ターミナルや地下道。西には走っていない市電。日曜日に駅前を通ると蚤の市をやっていた。東独時代の軍装品や身分証明書の類が乱雑に陳列されているなかに、東ベルリンの地図を見つけた。壁の西側が真っ白になっていて、あたかも無人地帯のように見えるのが面白くて、土産に買った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/33-df281cc2

壁があった地点

Berlinの路線バスの2階席から町を見下ろすと、観光バスに乗っている気分。動物園駅から100番のバスに乗って、国会議事堂の横の道に人だかりができていたので、迷わず途中下車する。時は、あたかもイースターの前日の夕刻。フェンスの前に捧げられた生花やろうそくから見るに

  • 2005/04/08(金) 12:49:31 |
  • ケルンだより
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。