Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーヘン~隣国で買い物の巻

»カテゴリ: ドイツ

20050104212659.jpg

賑わう街道沿いから裏にまわると、旧道沿いの国境があった。手前はオランダの家々、奥の黄色の家はドイツ。右のレンガ小屋が昔の検問所だ(2003年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 ドイツに入った。デュッセルドルフ、ケルンを経て、アーヘンに向かう。地図で見る限り、ここはドイツ、オランダ、ベルギー三国の国境線が交わる地点。河川で区切られているわけではなく、陸路国境。国境マニアとしては逃すわけにはいかない。
 アーヘンは、古い町並みが残る緑豊かな街だった。デュッセルドルフとケルンとはだいぶ印象が違う。おそらく空襲の結果なのだろう、風情のない、戦後風の建物が目についた両都市とは異なり、落ち葉が舞うアーヘンは実に美しい。ただ、妙に人通りが少なく、店が軒並み閉まっている。今日は金曜日なのに、なんで営業していないんだ、食堂ぐらい空けておけよ、と腹を空かせながら歩く。
 大聖堂のそばから市バスに乗った。4キロほど乗って、オランダ国境近くの大学病院で降り、国境に向かう道に出る。家がまばらにしかないアーヘンの町外れの一本道。片側の車線だけが大渋滞している。渋滞の先は国境のはずだが、どうなっているのだろう。
 国境は信号がない交差点だった。交差点の先に、オランダ側の町名を示す標識があって、商店街が奥に見える。オランダ側の町はファールスという。国境をまたいで、オランダ側の最初の店に入る。二階建てのスーパーマーケットは買い物客で大賑わいだ。レジに並ぶカートには食料品や生活雑貨が積まれ、煙草売場の客はカートン単位で煙草を買い込んでいる。平日の午後の割にはかなりの客入りである。
 ファールスの観光案内所でようやく混雑の理由を知った。今日、10月3日金曜日はドイツの祝日、それも東西ドイツ統一記念日だったのだ。ただ、民族の悲願が達成されてから13年後の市民にとっては、「オランダで買い物でもするか」となるみたいだ。
「食料品はこっちの方が安いんで、ドイツから買いに来るんですよ」と観光案内所の係員。「ドイツの方が安いのは電化製品。みんなドイツに買いに行くから、こっちには電器屋はありません。ま、車に10分乗って、アーヘンで買えるから全然問題ないですね」
 この国境から数キロ山を登っていくと、ドイツ、オランダ、ベルギーの国境線が一点に集まる地点があるという。歩いて行こうとしたが、雨が降り始めたので、断念した。年間100万人以上が訪れるという。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/30-db26b7fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。