Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビアリッツ~バスク人の話の巻

»カテゴリ: フランス

20050104190633.jpg

ビアリッツの夜景(2003年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 僕にとってバスク人は未知の人たちだった。ただ、バスクに来てみて、彼らが実に人当たりがよく、料理をつくるのがうまく、美しい女性が多いという印象を持つようになった。そのバスク人と幸運にも食事をすることになった。
 ベトナム料理は初めてだというふたりに春巻きを勧め、乾杯を差すお互いの言葉を教えあい、自己紹介をして、バスクの土地や人々についての感想を言った。そして、バスクについて教えてもらえないだろうか、と切り出した。
「バスクはどこから来たのか誰も知らないの。はっきりしているのは、私たちはスペイン人ともフランス人とも全然違うということ。考え方も、食事も、服装も全部違うのよ」
 金髪の男が「文化が違うんだ」と続け、「僕らは違う人々で、自分たちのやり方が好きなんだ」とワインを片手に力説する。
 酒や食事を追加し、軽い話題になっては、話はまた彼らのバスクへの思いに戻っていく。「バスクは本当は独立したい。けれどもスペインもフランスもバスクを消そうとしている。言葉も文化も全部。それと、あと大きな問題があるの。ETAって知ってる?」
 ETAというテロリストの活動ぶりはスペイン滞在中、数日おきに報道されているのを見聞きしたが、それ以上のことは何も知らなかった。
「バスクに工場があるとするだろ。その工場は、スペインに税金払うよな、州にも払うよな、それとETAにも払うんだ」
 払わないとどうなるんだい。
 彼はちょっとのけぞってみせた。「そんなやつはいない。そんなことをしたら殺されるからだ。必ずね。バスクではETAの悪口は言ってはいけない。高級な車も買えない。どこでETAが見ているか分からないからな。ETAはそういうやつらなんだ」
 彼らはどうしても僕らに勘定を払わせてくれなかったので、次の店はおごると言って、彼らの大衆車に乗って、海辺に移動した。
「日本人と酒を飲むとは思わなかったな。日本人も同じじゃねえか」と彼は言って、僕らは乾杯をした。
* まさかとは思ったが、話の性質上、バスク人カップルの人物が特定されるような情報は控えた方がいいと考えた。彼らの名前、職業や写真が出てこないのはそんなわけである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/22-841f9775
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。