Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鄭州から開封へ~人口9700万大雑踏の巻

»カテゴリ: 中国

20050108224742.jpg

開封のモスクで(2004年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 鄭州の駅前広場は、荷物を地面に置いて、座り込む人たちだらけだった。彫りの深い顔立ちの男たちはウイグル族だろうか。中国鉄道屈指の大ジャンクション。北京と広東を南北に結ぶ幹線と上海とウイグルを東西に結ぶ幹線が交差するところである。
 ここ河南省は南北に長い中国のだいたい中間にある。面積は日本の半分弱なのに人口は9683万人で中国一。中国という大雑踏のスクランブル交差点みたいなところなのである。
 切符売場には長い行列ができていた。必要事項を書いた紙を窓口に手渡す。返事は「没有」。メイヨーが「ねえよ」に聞こえる。何度か並び直した末に、18番窓口へ行けと一喝された。温声服務窓口、切符の販売は不可、などと書いてある。ここの女は怒鳴らない。我是外国人、とたどたどしく言ったら、予約をしてくれた。なるほど温声服務か。普通の窓口は態度が悪いので、わざわざ“穏やか対応窓口”を用意している。中国らしい。
 北京行きの切符を確保してから、1時間半ほど東の開封という町へ向かう。北宋の都だった古都である。土色のレンガを積み重ねた粗末な家が密集する路地が這う。湿っぽい風に埃が舞い上がり、糞尿の匂いが漂ってくる。路地の先々には公衆便所。民家には個別の便所がないようだ。ここでは白い帽子をかぶった老人が目につく。回族と呼ばれるイスラム教徒だ。ペルシャとかアラビアの方から移り住んできた人たちの子孫だという。
 回族区を歩き回るうちにモスクを見つけた。思えばこの旅で足かけ5か月間イスラム教徒が多い国で過ごした。そこで出会った人々は、実に人情深く、何度も助けられてきた。中国のイスラム教徒に会ってみたいと思い、モスクの門をくぐった。
 サラーム・アレイコム。不審そうに僕らを見つめていた境内の人たちに声をかける。破顔一笑。矢継ぎ早に質問攻めにしてくる。イスラム教徒はどこに行ってもみなこれだ。中国語を日常語にする回族とは、当然筆談ができる。アラビア語を教える先生と生徒たちだった。はるばる中近東から中国にたどり着き千年。顔立ちも言葉もまわりの漢族と見分けがつかなくなっても、宗教風習を守り抜いている。誇り高い人々である。
 だいぶ経ってから、河南省で回族と警察が衝突したことを知った。開封のモスクで会った人たちはどんな感想を聞かせてくれるのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/130-810902bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。