Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深セン~中国の旅はやめられないの巻

»カテゴリ: 中国

20050108224314.jpg

沙頭角の検問所。中国人が大勢中英街に”一日游”しにいく(2004年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 香港から羅湖行きの通勤電車に乗った。40分ほど団地だらけの風景がすぎ、だんだん田畑が増えてきたところで終点になった。改札を抜けると、そのまま香港出境の検問所である。人の流れに従い、通路を進んで、あっけなく深セン駅に着いた。国境にへばりつくこの超現代都市を見てみたいと思って、泊まることにした。
「いいホテルあるぞ、4ツ星なのに200元(約3000円)、どうだ?」
 駅の外で宿の客引きに捕まった。中国らしからず英語をしゃべる。事前に安宿の目星をつけてあるので、自信持ってあしらう。旦那はめげない。60元の宿が徒歩3分のところにあると言い出す。本当にあった。冷房、有線テレビ付きで65元。貰った名刺には武装警察招待所とあるが、家族が住むアパートの一室。中国の旅はこれだからやめられない。
 翌日、市バスに乗って、芝生に高層アパートが並ぶ深セン市内を駆け抜けた。降りたのは沙頭角。一本の道の両側がそれぞれ中国と香港になっているところがあるらしい。中英街という。香港側からは入れないが、中国からなら入れるかも知れない。
 並木道の突き当たりに現代中国らしい奇抜な検問所ビルが建っていた。外国人は公安局で許可を取れば中英街に行けると案内板にある。警官に再確認すると、公安局の場所を教えてくれた。5元で済むという。果たして公安局に着いて、筆談。険しい表情の女警官は達筆だ。外籍人士不可以弁証。這里是辺防禁区。
 やっぱりこれかよ。現場に行って状況を確認するまで、はっきりしないのは、途上国どこでも同じだ。諦めて検問所に戻る。入境許可代行屋とおぼしき連中に声をかけられた。僕は外国人だからダメだよ、と筆談。群がる代行屋の中にはたちぐらいの青年がいた。僕の筆談ノートを一枚ちぎって、でたらめな書き順で下手な字を書く。
「我有身分証 借 5元」。おいらの身分証を貸してやるよ、ほら。ニキビ跡が頬に残るあどけない青年の白黒写真が貼ってあった。僕に似ていなくもない。中英街に自由に出入りする資格のある地元の住民だという。一瞬迷ったが、あまりに危ない。目と鼻の先は警官だらけなのだ。僕らがおどおどと検問所を通った瞬間に捕まるだろう。しかし、ここは中国だ。なにが起きるかは、現場に行くまで何もわからない。
* 深セン=センは土偏に「川」の字。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/127-36c02bc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。