Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セウタ~国境で身柄拘束の巻

»カテゴリ: スペイン

20050104171555.jpg

スペイン・モロッコ国境(2003年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 旅をしていると、旅人同士でつるんで食事をしたり、乗り物に同乗したりすることがある。貧しくて、衛生状態が悪くて、危険が多い土地であればあるほど、旅人との出会いが多い。今回の旅で、それがほとんどなかったのは、安全な土地を歩いてきたためだろう。
 この日、僕らにとって最初の旅人仲間、佐藤さんとモロッコに向かったときは、そんなことを思いもしなかったけれど。佐藤さんは、建設会社を辞めて世界を放浪している同世代の男性だ。
 アルヘシラスを発って50分。右舷からひときわ大きなスペイン旗がなびいているのが見えた。アフリカに残るスペインの領土、セウタ港に入港した。
 セウタで安宿を確保して、賑やかな中央市場から市バスに乗る。行き先はフロンテーラとあった。モロッコ国境である。坂の多い町中から港に向かうバスは、石造りの壁が続く道を通っている。港を見下ろす砦。遺跡のように見えたが、片隅にスペイン兵が忙しそうに動き回っていた。高射砲が据えつけてある。
 いくつもの停留所で客が乗り降りして、やがて車内は、スカーフで頭を覆った女たちと口ひげを生やす浅黒い男たちばかりになっていた。
 バスを降りたところは、20分前に歩いた、涼しくて、湿っぽいセウタの街とは別世界だった。ふろしきのような布で包んだ荷物を背負う老婆、両替商の客引き、路上の物売り、立ち往生する車列。砂ぼこり、体臭、排ガス。
 足早に進む人の波とともにスペインの係官にパスポートを見せ、金網で仕切られた通路を進む。数十メートルしたところで、左右の仕切りの作りが変わった。モロッコ領内に入ったようだ。そこから先は、どういうわけだか人が停留して、ごったがえし、怒声が聞こえる。地べたに並べた売り物を前にして男が殴りあいをしている。和華子と佐藤さんが遠巻きにカメラを向けた。人の肩越しに乗り出すと、喧嘩現場の背後に、ジーンズを履いた、いかつい男が駆け足で向かってくるのが見えた。
「カメラを出せ。ついてこい」と2台のカメラを奪い取ったジーンズ男の背中には、POLICEの白抜き文字が映えていた。和華子と佐藤さんは、ジーンズ男に誘導されて、通路の奥に建った薄汚いコンクリート建てに入っていった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ktanimichi.blog3.fc2.com/tb.php/10-047da174

世界を集める

セウタは海上交通また軍事上の要衝として、重視されてきた。紀元前5世紀にはカルタゴ人が街を築き、アビラと呼んだ。紀元後42年には再びローマ人が街を築き、軍事拠点として用いた。このときの名はセプティムという。5世紀半ばにはローマ人の手を離れヴァンダル人の支配に帰

  • 2007/03/10(土) 07:02:05 |
  • 世界を集める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。