Tanimichi World Blog

世界32か国、16か月の旅。

ユーラシア横断陸路の旅 まえがき

スポンサーサイト

»カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

»カテゴリ: カンボジア

20050108200556.jpg

CAMBODIA, Jul 2004
* Siem Reap#
* Phnom Penh
# 写真撮影地。Photograph by Wakako Takatsuki

20050108200543.gif

Map courtesy of the U.S. Central Intelligence Agency.

スポンサーサイト

プノンペン~高校の拷問室の巻

»カテゴリ: カンボジア

20050108182909.jpg

トゥールスレン高校跡の拷問室(2004年)
Photograph by Wakako Takatsuki


 1975年4月、クメールルージュと呼ばれた共産ゲリラがプノンペンに凱旋入城した。住民は即刻、市外へ避難するよう命じられ、首都は無人化した。新政権の蛮行はのちに世界を震撼させることになる。農村に送られた人々を過酷な強制労働に駆り立て、インテリや資産家、それに共に戦ってきた同志を抹殺した。その数、300万人ともいわれる。
 プノンペンの中心部からオート三輪で10分ほどの住宅地にトゥールスレン高校があった。無人化したプノンペンに高校は不要だ。ここは刑務所になった。外国諜報機関との関係を疑われるなど、人民の敵と目された多くの人々が収監、拷問された。
 殺風景なコンクリート造りの4階建てが4棟、中庭を囲む。順路に従い、A棟の1階に向かった。半分に仕切られた教室には、鉄製ベッドがひとつ置かれただけ。説明書きはない。マットレスはなく、鉄の骨組みが露になったベッドが異様である。どの教室も同じだ。鎖が無造作に置かれたベッドもある。タイルの床が黒ずんでいる部屋もある。血痕だろう。教室の窓から陽光が差し込んでいる。ここで収監者が拷問されたという。
 別の棟には、収監者の顔写真が張り出されていた。不思議なことに微笑んでいる顔もある。真面目な顔もあるし、明らかに引きつっている顔もある。皺だらけの老爺も10歳になるかならないかの少女もいる。人民服風の作業着を着た人が多いが、どういうわけか花柄のドレスを着た若い女性もいる。入口でもらったパンフレットによれば、収監者の総数は、少なくても1万499人、これ以外に子どもが推定2000人いたという。彼らはほぼ全員殺された。
 いまは博物館になった高校跡の入口には土産物屋がある。正門前には、バイク・タクシーの運転手がたむろし、飲み物を売る屋台も出ていた。小洒落たホテルまで建つ。わずか26年前まで刑務所として機能していたのに、なんという変化だ。そのころ、プノンペンは無人都市だったから、辺りはあらかた廃墟だったに違いない。非現実的な感じがする。
 正門前に陽気な運転手が待っていた。30代半ばぐらいか。僕と同い年なら、4歳から8歳までクメールルージュ政権下で育ったことになる。その間、子どもは洗脳され、悪行の尖兵に使われていたという。自分の親を告発することも奨励された。彼はどんな記憶を持っているのだろうか。まさか聞けない。車を走らせた。

* カンボジア大虐殺バーチャル博物館(ミネソタ大学ホロコースト・ジェノサイド研究センター、英語)

シエムリエプ~遺跡で町で虐殺の本の巻

»カテゴリ: カンボジア

20050108181937.jpg

アンコール遺跡群で(2004年)
Photograph by Wakako Takatsuki

 カンボジアには3種類の通貨が流通している。法定通貨のリエル、米ドル、タイバーツだ。釣銭はリエルが多い。1ドル=約40バーツ=約4000リエル。慣れるまで頭がこんがらがる。物価は安い。シエムリアプの宿代は3ドル、タバコは1箱500リエルだから15円しないぐらいか。
 ただ、アンコールワットの入場料は別である。1日券が20ドル。恐ろしく高額に感じる。ちょうど旅に出て1年経ち、物価感覚が日本離れしてきた。日本円に換算すると、10円、20円のことで、値引き交渉したり、別の店に行ったりしている。
 朝5時、日の出のアンコールワットを見た。薄暗いなか、石造りの参道を進み、寺院を見わたす草地で日の出を待った。ちらほらと観光客が現れた。遠くでかすかに読経が聞こえる。草地の外れの林に橙色の袈裟が見えた。群青色の空に光が入ってきた。フラッシュが光り、英語やフランス語の会話が聞こえた。僧侶はいつの間にかいなくなっていた。
 わずか10年ほど前まで、アンコールワットを取り巻く遺跡群には、多くの地雷が埋設され、ときおり銃声が聞こえたという。遺跡によっては、武装兵士を雇って見に行くのがふつうだったらしい。この国は、ベトナムの戦乱が終わってからも、さらに20年間にわたり政変、内戦、大量虐殺が続いてきた。
 いまアンコールの遺跡群を見て回ると、物売りに取り囲まれる。小学生以下の子どもが多い。英語を自在に操る子もいて、売り口上もなかなかのものである。
「マダガスカルの首都知ってる? 教えてあげたら、お母さんが作った笛を買って下さい」
 1ドル、2ドルの買い物だから、必要なくても買ってしまう観光客も多いに違いない。和華子はFirst They Killed My Father(邦題『最初に父が殺された』)という題名の本を4ドルで買った。ポルポト政権時代の虐殺を描いたノンフィクション。カンボジアについて書かれた本はどこでも格安で買えるが、すべて海賊本である。
 遺跡を見物した後、すぐに首都プノンペンに向かってもよかったが、のんびりすることにした。ポルポト時代について書かれた本を読んで、予備知識を頭に入れたい。プノンペンには、カンボジア虐殺の博物館などがある。もう少し知っておきたいと思った。

* ルオン・ウン『最初に父が殺された―飢餓と虐殺の恐怖を越えて』(和訳、Amazon.co.jp)
20050108182358.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。